情報収集が大事!自分に合ったアルバイト探し

MENU

「単発のアルバイト」とは

アルバイトの中には、数ヶ月から1年以上に渡って続けられる仕事とは別に、最初から1日、あるいは数日、長くても3ヶ月のスパンで求人しているものがあります。こういった仕事は「単発のアルバイト」と呼ばれています。仕事の内容は、新機種が発売された際の携帯電話の販売、イベントなどの運営スタッフ、コンサート会場の設営や当日の人員整理、駐車場誘導などを行うスタッフ、公開模擬試験などの監視員、ショップの開店準備スタッフなどがあります。どのアルバイトも時給で1000円以上と設定されているものが多く、長期のアルバイトに比べると、短期間ですが、高収入を得られることが特徴です。面接や打ち合わせの時間を入れても数日で終わることがほとんどで、ためしにちょっと働いてみようかな、と考える方には向いているかもしれません。「単発のアルバイト」の場合は、あらかじめ覚えることもそれほど多くなく、接客業が多いため一般的な常識があって、礼儀正しい言葉使いができれば、初めてでも安心して仕事をすることができます。今現在、他の仕事をしていても、少し余分にお金が欲しいなと思ったら、休みの日を利用して「単発のアルバイト」をする、という方法もあります。

 

 

アルバイトが休む為の権利

アルバイトは原則、時給×働いた時間が給料となるのですが、業務遂行のため、あるいはアルバイト料を増やす為に際限なく働き続けてもいい、というものではありません。労働時間が決められているのと同じように、アルバイト労働者であっても、適度の休憩時間や、決められた休日、有給休暇を含む、ある程度まとまった休暇は、法律上必ず取れることが権利として認められています。まず休憩時間についてですが、アルバイトであっても、1日の労働時間が6時間を超えて、フルタイムに近い条件で働いている場合に45分以上、8時間を超えた時は1時間以上の休憩時間を、昼食時間にまとめて、あるいは昼食時と休憩時間とに分けて取ることができます。次に休日は、1週間につき最低1日、あるいは4週間につき4日以上は休めることが、法律で保証されています。有給休暇については、就業してから即権利が認められるわけではなく、原則として、雇用された日から6ヶ月間真面目に継続して勤務をして、企業が定めた労働日の8割以上に出勤していた場合には、数日間の有給休暇を取得できるという権利です。有給休暇というと正社員やパート社員の特権のように思われがちですが、アルバイトにも認められている権利なのです。ただしアルバイトの場合は、企業が定めた条件などもありますので、あらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

 

 

アルバイトが増加した時代背景 

アルバイト人口が著しく増加した背景にはバブル崩壊があります。バブル経済の時期は、深夜営業の店舗やコンビニエンスストアの増加、相次ぐ建築・建設で夜間勤務、工事現場での肉体労働などの求人が多く、芸術や芸能界などでの成功を夢見ていた若者達は、あえて正社員として就職する道を選ばずに、アルバイトで生活しながら夢を追うことができました。しかしバブルが崩壊すると、景気は急激に悪化し、正社員の雇用が激減し、就職氷河期と称される状況となってしまったのです。また、賃金面の安さや、何かあった時や、経営不振の際のリストラ対策として解雇しやすいことなどから、正社員ではなくアルバイトを採用して人件費を削減しようとする企業も少なくありませんでした。就職することが非常に厳しく、そのため学校を卒業してもアルバイトでの生活をせざるを得ない人も増加しました。バブルの時には、夢の為に、自分の意志でアルバイトでの生活を選んだ若者が多かったのに対して、バブル崩壊後は就職の意志はあるのに雇用が少なく就職できず、泣く泣くアルバイトを選ぶ、と言う状況に変わったのです。さらに就職難が去っても、企業のほとんどが、新卒一括募集を行っているため、途中からの就職は非常に厳しいのが現実です。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1消費者金融 審査 甘い10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 審査 甘い10